コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子宮腟部びらん しきゅうちつぶびらん cervical erosion

2件 の用語解説(子宮腟部びらんの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

子宮腟部びらん
しきゅうちつぶびらん
cervical erosion

外子宮口を中心として,子宮腟部扁平上皮が破壊され,ここにびらんが生じた状態をいう。外子宮口を中心として,輪状に赤色を呈する。この部分では,扁平上皮よりも頸管の円柱上皮の増殖力が強いので,扁平上皮の欠損は円柱上皮におおわれて償われる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家庭医学館の解説

しきゅうちつぶびらん【子宮腟部びらん】

 子宮の入り口の上皮(じょうひ)が、傷や炎症でむけてしまったり(真性びらん)、奥の粘膜(ねんまく)が、入り口のまわりまで広がってただれたようにみえる(仮性びらん)ことがあります。
 真性びらんはまれにしかおこりません。仮性びらんは、性成熟期の女性の8~9割にみられる生理的な変化です。
 一般的には治療しなくてもよいのですが、出血しやすかったり、帯下(たいげ)(おりもの)が多くて気になるときは治療をします。
 治療法には、腟内に薬を入れる方法や、びらんを凍結したり、電気やレーザーで焼灼凝固(しょうしゃくぎょうこ)する方法、子宮腟部を切除する方法(子宮頸部円錐切除術(しきゅうけいぶえんすいせつじょじゅつ)(「子宮頸部異形成」の子宮頸部円錐切除術/子宮腟部円錐切除術))があります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

子宮腟部びらんの関連キーワード進行流産岩戸絨毛上皮腫上皮小体上皮組織感覚上皮繊毛上皮生殖上皮玄関口上皮細胞

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone