コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子宮腟部びらん しきゅうちつぶびらんcervical erosion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

子宮腟部びらん
しきゅうちつぶびらん
cervical erosion

子宮口を中心として,子宮腟部の扁平上皮が破壊され,ここにびらんが生じた状態をいう。外子宮口を中心として,輪状に赤色を呈する。この部分では,扁平上皮よりも頸管の円柱上皮の増殖力が強いので,扁平上皮の欠損は円柱上皮におおわれて償われる。この状態を偽びらんと呼び,普通,腟びらんといわれる場合はこの偽びらんが多い。原因の多くは子宮頸管の炎症で,抗生物質の投与,局所の焼灼,冷凍療法などが有効である。子宮癌との鑑別に注意を要する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

家庭医学館の解説

しきゅうちつぶびらん【子宮腟部びらん】

 子宮の入り口の上皮(じょうひ)が、傷や炎症でむけてしまったり(真性びらん)、奥の粘膜(ねんまく)が、入り口のまわりまで広がってただれたようにみえる(仮性びらん)ことがあります。
 真性びらんはまれにしかおこりません。仮性びらんは、性成熟期の女性の8~9割にみられる生理的な変化です。
 一般的には治療しなくてもよいのですが、出血しやすかったり、帯下(たいげ)(おりもの)が多くて気になるときは治療をします。
 治療法には、腟内に薬を入れる方法や、びらんを凍結したり、電気やレーザーで焼灼凝固(しょうしゃくぎょうこ)する方法、子宮腟部を切除する方法(子宮頸部円錐切除術(しきゅうけいぶえんすいせつじょじゅつ)(「子宮頸部異形成」の子宮頸部円錐切除術/子宮腟部円錐切除術))があります。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

子宮腟部びらんの関連キーワード女性性器のしくみとはたらき帯下(こしけ/おりもの)不正性器出血

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android