コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孤峰覚明 こほう かくみょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

孤峰覚明 こほう-かくみょう

1271-1361 鎌倉-南北朝時代の僧。
文永8年生まれ。臨済(りんざい)宗。無本覚心の法をつぐ。応長元年元(げん)(中国)にわたり,帰国後,瑩山紹瑾(けいざん-じょうきん)に曹洞(そうとう)禅をまなぶ。のち出雲(いずも)(島根県)雲樹寺をひらく。後醍醐(ごだいご)天皇,後村上天皇の帰依(きえ)をうけた。康安元=正平(しょうへい)16年5月24日死去。91歳。陸奥(むつ)会津(あいづ)(福島県)出身。俗姓は平(たいら)。諡号(しごう)は国済国師,三光国師。語録に「徹心録」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

孤峰覚明

没年:康安1/正平16.5.24(1361.6.27)
生年:文永8(1271)
鎌倉後期・南北朝期の臨済宗法燈派の僧。会津(福島県)の人,姓は平氏。17歳で出家,叡山で受戒して8年間天台を学んだのち,由良(和歌山県)興国寺の心地覚心に就くこと3年で印可を得た。さらに出羽(山形県)で了然法明に,鎌倉で高峰顕日,南浦紹明らに歴参し,応長1(1311)年入元して中峰明本,古林清茂,雲外雲岫などに参ずる。帰国後,能登(石川県)永光寺の瑩山紹瑾に就いて菩薩戒を受け,その末期の弟子となるが,すぐに瑩山の下を辞して出雲(島根県)に赴き,宇賀荘に雲樹寺を開創した。伯耆(鳥取県)の行在所で後醍醐天皇に戒を授けて国済国師の号を賜り,貞和2/正平1(1346)年興国寺を再興,さらに妙光寺(京都)に住した。後村上天皇から三光国師の号を賜り,その勅によって和泉(大阪府)大雄寺の開山となる。また瑩山紹瑾の禅師号を奏請した。曹洞の禅法にも通じていたことから,多数の僧が覚明に参じ,また門下に曹洞宗と交流した人も多い。<参考文献>『孤峰和尚行実』,卍元師蛮『本朝高僧伝』

(中尾良信)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

孤峰覚明の関連キーワード南北朝時代別峰大殊古剣智訥月庵宗光慈雲妙意光厳天皇抜隊得勝国泰寺

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android