コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

学級文庫 ガッキュウブンコ

2件 の用語解説(学級文庫の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

がっきゅう‐ぶんこ〔ガクキフ‐〕【学級文庫】

児童・生徒が利用するために、学級内に備えられた本。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

図書館情報学用語辞典の解説

学級文庫

学校,主として小学校の各教室に設けられるコレクション.児童生徒や教師などの図書の持ち寄りや学級費などによる図書購入などから発生した文庫であるが,公共図書館学校図書館からの団体貸出によって資料がそろえられることが多くなり,現在は学校図書館の分館として機能する傾向がある.資料には,読み物のほか,教科関連資料,レファレンスブックなどが含められ,これらを手軽に利用できるように児童生徒の身近に置き,読書意欲を喚起し,資料利用の拡大を図り主体的な学習態度を育成することを目的としている.特に小学校低学年には図書館利用の導入として意義がある.運営は,担任教師の指導のもとに児童生徒の自主的活動に任せられる.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版
図書館情報学用語辞典について | 情報

世界大百科事典内の学級文庫の言及

【学校図書館】より

…詰込教育に反対し,子どもの自発的学習を主張したJ.デューイらの新教育の思想がこれに大きくあずかっている。戦前日本の国定教科書中心の教育,一斉授業では,図書館の必要はあまりなかったが,自発的学習・自学の重要性が強調された大正自由教育の時代に図書室や学級文庫の設置が始まった。戦後,アメリカ教育使節団の勧告に基づき学校図書館設置の気運が高まり,学校教育法施行規則で学校に図書館または図書室を設置することが規定された。…

※「学級文庫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

学級文庫の関連情報