コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孫星衍

2件 の用語解説(孫星衍の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

孫星衍

清の進士。江蘇陽湖生。字を伯淵、季述・薇隠と号する。進士からのち山東登青莱道となる。碑板金石の考証に精しく、文字声音の学にも通じ、詩名は洪亮吉と並び称された。著に『平津館読碑記』『寰宇訪碑録』がある。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

孫星衍
そんせいえん
Sun Xing-yan

[生]乾隆18(1753)
[没]嘉慶23(1818)
中国,清の学者。江蘇省陽湖 (武進県) の人。字,淵如。号,芳茂山人。乾隆 52 (1787) 年進士に及第,翰林院編修となった。その後刑部主事,えん沂 (えんき) 漕済道,山東督糧道として功績を残し,嘉慶 11 (1806) 年辞任した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の孫星衍の言及

【寰宇訪碑録】より

…中国,清代の孫星衍(そんせいえん)の著。古代から元代に至る中国全土の石刻目録で,年代順に配列し所在地を明記する。…

【金石学】より

…さらにあらゆる石刻を時代順に網羅,編纂する事業もすすみ,王昶(おうちよう)の《金石萃編(すいへん)》160巻(1805)とそれを補った陸増祥の《八瓊室(はちけいしつ)金石補正》120巻ができあがった。このほか全国の石刻の目録として孫星衍(そんせいえん)の《寰宇(かんう)訪碑録》が有名であるほか,葉昌熾の《語石》10巻も旧中国の石刻学の精髄をうかがうことができる。これら書物のほとんどは《石刻史料新編》としてまとめられている。…

※「孫星衍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone