コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇宙損害責任条約 うちゅうそんがいせきにんじょうやく Convention on International Liability for Damage Caused by Space Objects

2件 の用語解説(宇宙損害責任条約の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宇宙損害責任条約
うちゅうそんがいせきにんじょうやく
Convention on International Liability for Damage Caused by Space Objects

正式名称「宇宙物体により引き起こされる損害についての国際的責任に関する条約」。国際連合宇宙空間平和利用委員会で作成され,1972年9月1日発効した。人工宇宙物体が地上や航空機,船舶に損害を及ぼしたときに打ち上げ国が無過失責任を負うことを規定し,損害の算定や賠償請求の処理について定めるなど宇宙条約の基本原則をいっそう詳細に規定している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

うちゅうそんがいせきにん‐じょうやく〔ウチウソンガイセキニデウヤク〕【宇宙損害責任条約】

《「宇宙物体により引き起こされる損害についての国際的責任に関する条約(Convention on International Liability for Damage Caused by Space Objects)」の略称》人工衛星などの宇宙物体が地表に落ちて人や物に損害を与えた場合に、宇宙物体の所有国が賠償責任を負うことなどを定めた多国間条約。1972年発効。日本は1983年に加入。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宇宙損害責任条約の関連キーワード宇宙物体登録条約真菌症誘起効果実証ボトルネックインフレアルコール性肝硬変運動性貧血拡散分化作用拡散の法則(神経応答)重過失減額(自賠責保険)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone