宇宙損害責任条約(読み)うちゅうそんがいせきにんじょうやく(英語表記)Convention on International Liability for Damage Caused by Space Objects

  • うちゅうそんがいせきにんじょうやく〔ウチウソンガイセキニデウヤク〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

正式名称「宇宙物体により引き起こされる損害についての国際的責任に関する条約」。国際連合宇宙空間平和利用委員会で作成され,1972年9月1日発効した。人工宇宙物体が地上航空機船舶に損害を及ぼしたときに打ち上げ国が無過失責任を負うことを規定し,損害の算定や賠償請求の処理について定めるなど宇宙条約の基本原則をいっそう詳細に規定している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

《「宇宙物体により引き起こされる損害についての国際的責任に関する条約(Convention on International Liability for Damage Caused by Space Objects)」の略称人工衛星などの宇宙物体が地表に落ちて人や物に損害を与えた場合に、宇宙物体の所有国が賠償責任を負うことなどを定めた多国間条約。1972年発効。日本は1983年に加入

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android