御祝儀(読み)ごしゅうぎ

精選版 日本国語大辞典「御祝儀」の解説

ご‐しゅうぎ ‥シウギ【御祝儀】

〘名〙 (「ご」は接頭語)
祝儀を敬い、またはていねいにいう語。
※わらんべ草(1660)一「台徳院様、将軍にならせられ、御祝の御能有し時」
② 死に関する事柄を、不吉なこととして忌んでいう語。葬儀の忌みことば。〔俚言集覧(1797頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

献辞辞典「御祝儀」の解説

御祝儀

本来お祝いの儀式を指していう言葉ですが、この場合は「祝 儀の際の寸志」という意味合いがあります。婚礼関係やお祝い行事の際に、お世話やお手伝いを頂く方々に対して贈る謝礼としての心付けチップの表書きの献辞(上書き)に用いられます。

出典 (株)ササガワ献辞辞典について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android