コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御札 オサツ

世界大百科事典 第2版の解説

おふだ【御札】

社寺で出す守札。神符(《運歩色葉集》),御守(《神道名目類聚抄》),守,札守などとも呼ばれる。護符の一種。《神道名目類聚抄》に〈御札ハ某社ノ神号守護ノ由ヲ書ス〉とあるように,木または紙に各社寺の神名,仏名あるいは本地仏の種子(しゆじ)や図などを筆書または印刷し,これを配布した。中世では〈急急如律令〉という文言を神符に記すことが多かった(《下学集》)。御札は配布されるまえに神前,仏前において祈禱がなされる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おさつ【御札】

紙幣。札さつ

おふだ【御札】

神社や寺が出す守り札。お守り。護符。

ぎょさつ【御札】

他人を敬ってその手紙をいう語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

御札
おふだ

神社や寺院で頒布する護符(ごふ)の一種で、神棚や仏壇に納めたり、門口や柱などに取り付けて神仏の加護を願うもの。火難、虫除(よ)けから開運、家内安全を祈るものまで多種にわたる。御札は、祈祷(きとう)のための読経の回数を書き付けた巻数(かんず)が、そのもとであるといわれている。神に一夜の宿を提供したので、子孫に災いがなかったという神話に由来する、「蘇民(そみん)将来之子孫也」という御札をはる地域も広い。中世以降、紀伊の熊野神社の御師(おし)をはじめ、有力な社寺の御師や先達(せんだつ)が全国を回って御札を広め、その効用を説いた。ことに神札は、御神体として扱われるほどのものになっている。節分時によく目にするヤイカガシや竹の先に籠(かご)をつけて立てたメカゴ、村境に注連縄(しめなわ)を張って大草鞋(わらじ)をつるした辻(つじ)切り、玄関口に針千本という棘(とげ)のある魚や蜂(はち)の巣をつけた門守りなどは、悪霊除けとして伝えられた伝統的な風習であるが、しだいにその役目を御札に譲りつつある。[佐々木勝]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

御札の関連キーワード道教/道法と道教儀礼疫病(伝染病)ええじゃないか神仙思想民間信仰焚き上げ伊勢信仰お陰参り火の神御朱印全真教札・簡伊勢暦厄払い魔除け坂迎えお守り手紙他人神仏

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android