コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

守屋庸庵 もりや ようあん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

守屋庸庵 もりや-ようあん

1831-1909 幕末-明治時代の蘭方医。
天保(てんぽう)2年7月8日生まれ。弘化(こうか)4年大坂にでて緒方洪庵適塾でまなび,郷里備中(びっちゅう)(岡山県)にかえって足守除痘館主任として種痘をおこなう。のち紀伊(きい)平山(和歌山県)の春林軒塾で外科と軟膏(なんこう)製造術をおさめた。明治42年10月21日死去。79歳。本姓は石原。字(あざな)は惟通。通称は朴平。号は如竹。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

守屋庸庵の関連キーワード守屋物四郎明治時代蘭方医天保

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android