コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安下庄 あげのしょう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安下庄
あげのしょう

山口県南東部、周防大島町(すおうおおしまちょう)の一地区。同町の中心をなす大島(周防大島)の中央部南岸に位置する。旧安下庄町。安下庄湾に面し、安下庄港がある。中世は京都妙法院の荘園(しょうえん)で、大島三ヶ荘の一つ。近世には広大な漁業権をもつ周防五浦随一の御立浦(おたてうら)として栄えた。[三浦 肇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の安下庄の言及

【橘[町]】より

…人口6297(1995)。中心地の安下庄(あげのしよう)の地名は中世の京都妙法院領の荘園名に由来する。古くから漁業が盛んで,外浦第1の漁港があり,イワシ,タイ,カレイなどを水揚げしている。…

※「安下庄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

安下庄の関連キーワード大島(山口県、瀬戸内海)周防大島(町)橘(山口県)河村文庵橘[町]山口県立島

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

安下庄の関連情報