コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安倍兄雄 あべの あにお

2件 の用語解説(安倍兄雄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安倍兄雄 あべの-あにお

?-808 平安時代前期の官吏。
山陰道,畿内(きない),東山道の観察使を歴任。大同(だいどう)2年平城(へいぜい)天皇の命で,謀反計画の首謀者として伊予(いよ)親王を捕らえたが,ただひとり親王の無罪を主張した。大同3年10月19日死去。姓は阿倍ともかき,名は「えお」ともよむ。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

安倍兄雄

没年:大同3.10.19(808.11.10)
生年:生年不詳
平安前期の官人。無位道守の子。中衛少将,右京大夫を経て大同2(807)年山陰道,翌3年畿内,次いで東山道のそれぞれ観察使を歴任,この間国司交代を円滑に行うため不与解由状に前任者と後任者の言い分を書いて上申することを提案している。「職務には公廉であった」という評価もそうした実績をふまえてのことであろう。『日本後紀』によれば犬を好み,文よりは武にたけた人物で,意固地なところもあったようだ。大同2年の伊予親王事件では平城天皇の怒りの激しさに群臣がしりごみするなかで,ただひとり親王の潔白を述べて平城を諫め,その態度は人々の称賛を得たという。

(瀧浪貞子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安倍兄雄の関連キーワード中衛府右近衛少将追立の官人左近衛少将左少将無位出居の少将朝右王橘入居源勝

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone