コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安宅清康 あたぎ きよやす

1件 の用語解説(安宅清康の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安宅清康 あたぎ-きよやす

?-1581 織豊時代の武将。
安宅冬康の次男。淡路(あわじ)(兵庫県)洲本(すもと)・由良(ゆら)城主。兄信康(のぶやす)の死後,家督を相続。天正(てんしょう)9年豊臣秀吉らに攻められて降伏。安土(あづち)におもむいて織田信長から旧領をみとめられた。同年洲本城で病死し,淡路安宅氏は滅亡した。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

安宅清康の関連キーワードNPO阿賀川梅津政景日記和蘭帝釈山脈ユトレヒト同盟上井覚兼日記エルマークキリシタン学校コレジヨ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone