コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安政東海地震 あんせいとうかいじしん

デジタル大辞泉プラスの解説

安政東海地震

1854年12月23日に発生した東海道沖を震源とする地震とそれによる災害。房総から土佐にかけての沿岸地域を襲った津波により被害が拡大。その32時間後に起きた同規模の地震(安政南海地震)と合わせ、死者は数千人にのぼったとされる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典内の安政東海地震の言及

【安政地震】より

…安政年間(1854‐60)に起こった地震で,次の三つが著名。1854年12月23日(安政1年11月4日)午前9時すぎに安政東海地震(安政地震I)が遠州灘沖に発生した。震央位置は北緯34゜,東経137.8゜,マグニチュードは8.4といわれるが,震源域は遠州灘沖から駿河湾内の全長200km以上の海域におよんでいることが明らかとなった。…

※「安政東海地震」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

安政東海地震の関連情報