安来一里塚(読み)やすぎいちりづか

国指定史跡ガイドの解説

やすぎいちりづか【安来一里塚】


島根県安来市安来町にある一里塚。JR安来駅から西へ約1.2kmのところ、旧山陰道をはさんで南北に一里塚が立っている。1604年(慶長9)に江戸幕府の命令により、松江藩主堀尾氏が設けた1里(約4km)ごとの街道の目印で、その年の5月には安来一里塚を完成させたと伝えられる。往時は塚上に松が植えられ、山陰道を往来する旅人の目印になった。安来一里塚は、南塚が直径約4.2m、高さ1.3m、北塚が直径約6m、高さ1.5m。塚上にそびえていた老松は、1979年(昭和54年)に南側の松が、1981年(昭和56)に北側の松が虫害により伐採された。その後、改めて松が植樹されている。対の塚が残っているのは珍しく、近世山陰道の名残を伝えるものとして、1936年(昭和11)に国の史跡に指定された。現在、島根県内で確認できる一里塚は、出西(しゅっさい)-伊波野(いわの)一里塚(簸川郡斐川町)、伊志見(いじみ)一里塚(松江市)、安来一里塚の3ヵ所しかない。JR山陰本線安来駅から徒歩約15分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android