コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安東仕学斎(読み)あんどう しがくさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安東仕学斎 あんどう-しがくさい

1689-1761* 江戸時代中期の儒者。
元禄(げんろく)2年生まれ。安東侗庵(とうあん)の子。安東省庵(せいあん)の孫。筑後(ちくご)(福岡県)柳河(やながわ)藩儒。おさなくして父をなくし,京都で伊藤東涯にまなび帰藩,父の職をついだ。宝暦10年12月死去。72歳。名は守経。字(あざな)は士勤,斯文。通称は助之進。著作に「五経一得解」「袖珍字府」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android