安田元久(読み)やすだ もとひさ

  • 安田元久 やすだ-もとひさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1918-1996 昭和後期-平成時代の日本史学者。
大正7年10月19日生まれ。安田銕之助(てつのすけ)の長男。北大助教授をへて,昭和38年学習院大教授となり,60年学長。専攻中世史で,鎌倉時代地頭に関する研究で成果をあげた。平成8年1月23日失火で焼死した。77歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「日本荘園史概説」「地頭及び地頭領主制の研究」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android