コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安藤輝三 あんどう てるぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安藤輝三 あんどう-てるぞう

1905-1936 昭和時代前期の軍人。
明治38年2月25日生まれ。歩兵第三連隊付となり,昭和9年陸軍大尉,10年第三連隊第六中隊長。皇道派青年将校の中心的人物で,11年の二・二六事件では首謀者のひとりとして部隊をひきいて侍従長鈴木貫太郎を襲撃。同年7月12日処刑された。32歳。石川県出身。陸軍士官学校卒。
【格言など】尊皇の義軍やぶれて寂し春の雨(辞世)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

安藤輝三の関連キーワード二・二六事件2月25日真崎甚三郎

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

安藤輝三の関連情報