コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宗像氏俊 むなかた うじとし

1件 の用語解説(宗像氏俊の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宗像氏俊 むなかた-うじとし

?-1372 南北朝時代の武将,神職。
兄宗像氏正(うじまさ)の養子となり,筑前(ちくぜん)(福岡県)宗像神社の大宮司(だいぐうじ)職をつぐ。建武(けんむ)新政府にそむいた足利尊氏を援助した。文和(ぶんな)元=正平(しょうへい)7年功により宗像荘で山口上村・山口下村の地頭職(しき)をあたえられた。応安5=文中元年死去。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

宗像氏俊の関連キーワード文中二条良基応安東北電力東通原発応安新式海部川建徳護摩壇山頓阿文中

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone