コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宗門改帳 しゅうもんあらためちょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宗門改帳
しゅうもんあらためちょう

江戸幕府がキリスト教禁制を徹底させるため,幕府直轄領はもとより私領 (大名の領分と旗本の知行所) の人民について,寺院にその檀徒であることを証明させた帳面。各村で作成し,幕領では遠国奉行,領主,地頭らがその支配内の分を取りまとめて,毎年 10月に幕府の寺社奉行所に提出させた。諸藩は宗門奉行もしくは類似の役人に提出させた。寛文年間 (1661~73) 頃から行われるようになったといわれる。宗門改帳と人別改帳 (→人別改 ) とは異なるものであるが,のちには両者はしばしば混同された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅうもんあらため‐ちょう〔‐チヤウ〕【宗門改帳】

宗門人別帳

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

宗門改帳の関連キーワード家数人馬改帳宗門人別改帳歴史人口学五人組人別帳穢多帳外けん

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宗門改帳の関連情報