宗門改帳(読み)しゅうもんあらためちょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宗門改帳
しゅうもんあらためちょう

江戸幕府がキリスト教禁制を徹底させるため,幕府直轄領はもとより私領 (大名の領分と旗本の知行所) の人民について,寺院にその檀徒であることを証明させた帳面。各村で作成し,幕領では遠国奉行,領主,地頭らがその支配内の分を取りまとめて,毎年 10月に幕府の寺社奉行所に提出させた。諸藩は宗門奉行もしくは類似の役人に提出させた。寛文年間 (1661~73) 頃から行われるようになったといわれる。宗門改帳と人別改帳 (→人別改 ) とは異なるものであるが,のちには両者はしばしば混同された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android