コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人別改 にんべつあらため

4件 の用語解説(人別改の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人別改
にんべつあらため

江戸時代の人口調査豊臣秀吉人掃 (ひとばらい) や細川藩の人畜改 (にんちくあらため) にみられるように,この時代の初めには人口,家畜,家屋など労働力把握を調査の主眼とする人別改が盛んであったが,その後次第に宗門改と合体し宗門人別改となっていった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

にんべつ‐あらため【人別改】

江戸時代の人口調査。初期には臨時的、部分的であったが、のち、宗門改と合わせて行われるようになり、享保11年(1726)以降は6年ごとに定期的に行われた。人改め。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

にんべつあらため【人別改】

江戸時代の戸籍調査。初め夫役賦課のための男子の調査が主眼で、のちにキリスト教禁圧のための宗門人別改が広く行われた。また享保(1716~1736)以降には人口調査のため別に六年ごとに全国的に行われた。人改め。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

人別改
にんべつあらため

江戸時代の領民調査をいう。戦国期から織豊(しょくほう)政権期にかけて、領主が領内の農民を把握する目的で施行したのに始まり、江戸初期には盛んに行われた。元和(げんな)・寛永(かんえい)期(1615~44)に細川氏が小倉(こくら)藩および熊本藩で実施した人畜改と称するものが著名である。これらは農民からの夫役(ぶやく)徴収を目的としたものであって、かならずしも全領民を把握するものではなかったが、やがて1671年(寛文11)宗旨人別帳の作成が制度化されると、宗門改とあわせ行うため全住民が把握されるようになった。これらは藩などの支配領域別のものであるが、1726年(享保11)以降、子(ね)・午(うま)の年ごとの全国的人別改が命ぜられて、初めて全国的人口調査の性格をもつものが実施された。しかしこれも、調査期日に幅があり、農工商のみを対象とし、また15歳以下や被差別民を除外した場合もあって、完全な人口調査とはいえない。[大桑 斉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人別改の関連キーワード江戸払男髷在府宿預け江戸棚江戸詰め江戸味噌小江戸江戸野菜江戸時代の朝鮮通信使

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

人別改の関連情報