人別改(読み)にんべつあらため

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人別改
にんべつあらため

江戸時代の人口調査。豊臣秀吉人掃 (ひとばらい) や細川藩の人畜改 (にんちくあらため) にみられるように,この時代の初めには人口,家畜,家屋など労働力把握を調査の主眼とする人別改が盛んであったが,その後次第に宗門改と合体し宗門人別改となっていった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

にんべつ‐あらため【人別改】

江戸時代の人口調査。初期には臨時的、部分的であったが、のち、宗門改と合わせて行われるようになり、享保11年(1726)以降は6年ごとに定期的に行われた。人改め

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にんべつあらため【人別改】

江戸時代の戸籍調査。初め夫役賦課のための男子の調査が主眼で、のちにキリスト教禁圧のための宗門人別改が広く行われた。また享保(1716~1736)以降には人口調査のため別に六年ごとに全国的に行われた。人改め。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

人別改
にんべつあらため

江戸時代の領民調査をいう。戦国期から織豊(しょくほう)政権期にかけて、領主が領内の農民を把握する目的で施行したのに始まり、江戸初期には盛んに行われた。元和(げんな)・寛永(かんえい)期(1615~44)に細川氏が小倉(こくら)藩および熊本藩で実施した人畜改と称するものが著名である。これらは農民からの夫役(ぶやく)徴収を目的としたものであって、かならずしも全領民を把握するものではなかったが、やがて1671年(寛文11)宗旨人別帳の作成が制度化されると、宗門改とあわせ行うため全住民が把握されるようになった。これらは藩などの支配領域別のものであるが、1726年(享保11)以降、子(ね)・午(うま)の年ごとの全国的人別改が命ぜられて、初めて全国的人口調査の性格をもつものが実施された。しかしこれも、調査期日に幅があり、農工商のみを対象とし、また15歳以下や被差別民を除外した場合もあって、完全な人口調査とはいえない。[大桑 斉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

にんべつ‐あらため【人別改】

〘名〙 江戸時代の人口調査。享保一一年(一七二六)に始まり、その後、子・午の両年、すなわち六年ごとにこれを行なって、人別帳を作成した。公卿・武士・賤民は調査から除かれた。一五歳未満の書き上げは各藩の任意とし、また、調査日時を一定しなかった。
※禁令考‐前集・第六・巻六〇・享保一一年(1726)二月一九日「人別改之儀に付御触書」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android