コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

官文庫 かんぶんこ

1件 の用語解説(官文庫の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かんぶんこ【官文庫】

中・近世,太政官の事務をつかさどった壬生(みぶ)官務家の文庫。官庫あるいは官務文庫ともいう。宣旨や官符案などの太政官文書や朝儀・公事の記録類は,本来太政官の文殿(ふどの)が保管し,大夫史=官務が文殿別当として管理していた。平安中期ごろから大夫史は小槻(おづき)氏の世襲するところとなり,小槻氏の文庫に官文書が混在していった。1226年(嘉禄2)官文殿が焼失し,それ以後は再建されなかった。ために太政官文書記録のすべてが官文庫に襲蔵されることになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone