コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

官文庫 かんぶんこ

1件 の用語解説(官文庫の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かんぶんこ【官文庫】

中・近世,太政官の事務をつかさどった壬生(みぶ)官務家の文庫。官庫あるいは官務文庫ともいう。宣旨や官符案などの太政官文書や朝儀・公事の記録類は,本来太政官の文殿(ふどの)が保管し,大夫史=官務が文殿別当として管理していた。平安中期ごろから大夫史は小槻(おづき)氏の世襲するところとなり,小槻氏の文庫に官文書が混在していった。1226年(嘉禄2)官文殿が焼失し,それ以後は再建されなかった。ために太政官文書記録のすべてが官文庫に襲蔵されることになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

官文庫の関連キーワード神祇官太政官春宮坊民部省官の司御葬司左弁官神祇省天官官掌

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone