コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定動詞 ていどうしfinite verb

翻訳|finite verb

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

定動詞
ていどうし
finite verb

文の述語となっている動詞の形主語人称などに一致して語形替変する。たとえば,英語の動詞 beでは,am,are,is; was,wereが定動詞である。これに対して,英語の場合には不定詞分詞動名詞を,不定動詞ということがある。ラテン語のように主語に一致する動詞の形が厳密に定まっている言語について論じる場合に有効な概念である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

てい‐どうし【定動詞】

finite verb》英文法などで、人称・数・時制などにより形が決定される動詞の形態。不定詞などに対し、述語になる形をいう。たとえば、不定詞のbeに対して、I am./You are./He is.など。定形動詞。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ていどうし【定動詞】

英文法などで、文の中で述語としての働きを担っている動詞。法・時制、主語の性・数などに呼応して形が変わる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

定動詞の関連キーワードウラル・アルタイ語族サンスクリット語フィンランド語依存関係文法スペイン語ドイツ語リーブ語受動態能動態英文法働き

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android