コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定飛脚 ジョウビキャク

デジタル大辞泉の解説

じょう‐びきゃく〔ヂヤウ‐〕【定飛脚】

一定の地点間を、日を定めて往復した飛脚

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうびきゃく【定飛脚】

日を決めて定期的に定まった二地間を往復した飛脚。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の定飛脚の言及

【飛脚】より

… 一般には三都およびその周辺各地を連絡する飛脚屋があり,百姓町人のみでなく一部は藩などの飛脚業務も請け負った。三都間では江戸の定(じよう)飛脚,京の順番飛脚,大坂の三度飛脚が有名である。江戸の成立事情を反映して江戸と京,大坂との連絡に従事した。…

※「定飛脚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

定飛脚の関連キーワード日本通運(株)(にっぽんつううん)江戸時代(年表)内国通運会社杉本茂十郎吉村甚兵衛佐々木荘助一定

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android