コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宝山宗珍 ほうざん そうちん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宝山宗珍 ほうざん-そうちん

?-1395 南北朝時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。加賀(石川県)永安寺の玄路統玄(げんろ-とうげん)の法をつぎ,のち大智(だいち)に師事した。加賀の永祥寺や宝蔵寺(のち出羽(でわ)に移転)の開山(かいさん)となる。応永2年3月23日死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

宝山宗珍の関連キーワードビスコンチ山名満幸景福宮農林水産省のヤミ専従疑惑観世元雅専称寺景福宮宗廟ピサネロ東根市東の杜資料館

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone