コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宝引き ホウビキ

デジタル大辞泉の解説

ほう‐びき【宝引き】

室町時代から江戸時代にかけて、正月に行われた福引きの一種。数本の細い縄を束ねて、その中のどれかに橙(だいだい)の果実、または金銭などをつけておき、それを引きあてた者を勝ちとした。辻宝引き

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうびき【宝引き】

正月の遊びとして行われた福引きの一種。多くの縄の中から、橙だいだいの実が先端についている縄を引き当てた者に賞品を与えた。また、直接縄の端に金や物を結びつけた。のち金銭を出す賭博も現れたが禁止された。 [季] 新年。 《 -のかはる趣向もなかりけり /虚子 》

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の宝引きの言及

【福引き】より

…その原型は,730年(天平2)に聖武天皇が正月の酒宴を開催した際に,諸臣に,仁,義,礼,智,信の一文字を記した短籍(たんざく)を抜きとらせ,引きあてた者それぞれに,絁(あしぎぬ),糸,真綿,布,常布を下付した余興に由来するとされる。その後,時代はずっと下るが,元禄年間(1688‐1704)には,縄の先に品物をゆわえて引かせ,それを引きあてたものに与える遊戯が試みられるようになり,さらに寛延・宝暦年間(1748‐64)には,〈辻宝引き〉と称して,街頭で100本の細縄を用意して,うち数十本には玩具を結びつけ,〈さござい,さござい〉とはやしながら,子どもたちを客にして引かせる大道商人があらわれる。今日,縁日の屋台などで見かける〈福引き〉遊戯の始まりというべきであろう。…

※「宝引き」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

宝引きの関連キーワードどうふぐり斎藤弘勝室町時代さござい宝引き銭宝引き縄春慰み虚子