コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宝永噴火

1件 の用語解説(宝永噴火の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

宝永噴火

1707年12月16日、富士山頂直下の南東山腹を突き破って噴火した。噴出した火山灰は、0・7立方キロメートル。横浜市や小田原市で20センチ前後、東名高速・都夫良野トンネル付近で90センチにも達した。中央防災会議富士山ハザードマップ検討委員会は02年、この規模の噴火があると最大2兆5千億円の経済被害が出ると推定している。

(2007-01-12 朝日新聞 朝刊 静岡 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

宝永噴火の関連キーワード富士山アウラングゼーブドシテオス長崎派アウラングゼーブ同君連合富士山富士山の広域防災富士山スコットランド独立問題

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宝永噴火の関連情報