コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宝永噴火

1件 の用語解説(宝永噴火の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

宝永噴火

1707年12月16日、富士山頂直下の南東山腹を突き破って噴火した。噴出した火山灰は、0・7立方キロメートル。横浜市や小田原市で20センチ前後、東名高速・都夫良野トンネル付近で90センチにも達した。中央防災会議富士山ハザードマップ検討委員会は02年、この規模の噴火があると最大2兆5千億円の経済被害が出ると推定している。

(2007-01-12 朝日新聞 朝刊 静岡 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宝永噴火の関連キーワード富士富士山宝永山金明水初富士富士宮富士吉田ロートホルン構造探査富士山噴火

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宝永噴火の関連情報