コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宝田通文 たからだ みちぶみ

美術人名辞典の解説

宝田通文

国学者。梅殿直叟の子、宝田通同の養子。京都生、東京住。独学で言語学を学び一家を成した。また儒学に通じ、和歌を能くした。江戸金杉村に家塾を開き、また輪王寺宮公紹法親王の皇漢学・歌道の師範も務めた。勤王家として国事に奔走する。大教正。明治29年(1896)歿、80才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宝田通文 たからだ-みちぶみ

1817-1896 幕末-明治時代の国学者。
文化14年生まれ。独学で国学を研究,儒学に通じ,和歌をよくした。天保(てんぽう)7年公紹入道親王にまねかれ和学,儒学と和歌をおしえる。維新後,教部省,内務省につとめ,明治17年権少教正となった。明治29年3月1日死去。80歳。京都出身。本姓は梅殿。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

宝田通文の関連キーワード明治時代国学者岡麓

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android