コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実変数関数論 じつへんすうかんすうろんtheory of function of real variables

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

実変数関数論
じつへんすうかんすうろん
theory of function of real variables

単に実関数論ともいう。数学の一分科であって,実数値関数についての理論や応用を研究する。フーリエ解析を中心に,積分論がこの分野において発展した。最近では,関数解析に吸収されがちであるが,やや具体的で詳しい研究には,いまもこの呼称が使われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

実変数関数論【じつへんすうかんすうろん】

関数論とも。実変数の関数を一般的に研究する解析学の主要分野の一つ。微分積分学の確立以後,普通の関数論が複素変数の関数の分野に対象を拡張したのに対し,微分積分学の諸概念を精密・一般化することによりその内容を深化・発展させたもの。
→関連項目ジョルダン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の実変数関数論の言及

【実関数論】より

…19世紀の中期に至り,微積分学は,その基礎的諸概念を確立し精密にするという方向に発展した。これが実変数関数論,すなわち実関数論の起りということができる。 関数の概念は解析学の基礎をなすものであるが,この概念はコーシー以前には直観的に漠然ととらえられていて,例えば,〈変数と定数とから組み立てられた式〉というような定義が通用していた。…

※「実変数関数論」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

実変数関数論の関連キーワードコルモゴロフルベーグ積分シルピンスキルベーグ

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android