コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実用衛星 じつようえいせいapplication satellite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

実用衛星
じつようえいせい
application satellite

実生活に直接役立つ衛星のこと。航行中の船や飛行機に,現在いる位置を知らせる航行衛星地形を正確に測定する測地衛星,宇宙から地上の雲の分布や台風の動きなどを観測し,天気予測に役立てる気象衛星大西洋太平洋上空に静止してテレビや電話などの世界的な中継をする通信衛星,宇宙から地球上を観測する地球観測衛星などがある。日本では宇宙航空研究開発機構が中心となって,種子島宇宙センターから打ち上げを行なっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じつよう‐えいせい〔‐ヱイセイ〕【実用衛星】

日常生活や産業に役立つことを目的とした衛星。通信衛星・気象衛星・地球観測衛星・放送衛星など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じつようえいせい【実用衛星】

実用を目的として打ち上げられた衛星。気象衛星・通信衛星・放送衛星など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の実用衛星の言及

【人工衛星】より

…アメリカは60年の4,5月の2ヵ月間に,初の気象衛星(タイロス1),航行衛星(トランシット1B),偵察衛星(ミダス2)を相次いで打ち上げた。これらの型式は今日もなお実用衛星の基本となっているものである。 その後の宇宙開発の中心は,有人宇宙飛行に移り,60年NASAが人間を月に送るというアポロ計画を発表して以来約10年の間,米ソの有人衛星打上げ競争の時代を迎えることとなる。…

※「実用衛星」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

実用衛星の関連キーワード鹿児島県熊毛郡南種子町H2Aロケット21号機宇宙政策(中国の)ロケット(飛行体)極軌道気象衛星H技術開発衛星Nロケット人工衛星宇宙開発衛星通信ITOS実生活ISSESA実用

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android