コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手形交換 てがたこうかん

4件 の用語解説(手形交換の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

手形交換
てがたこうかん

多数の金融機関が相互に取立てる手形,小切手など (総称して交換手形と呼ぶ) を持寄って交換し,その差額 (交換尻) を授受して取立て,支払いをすませる (交換決済) 制度をいう。差額の授受は特定の銀行 (決済銀行) にある各金融機関の預金の振替によって行われ,現金の授受はしないので簡易迅速,安全なうえ,多額の支払準備金を大幅に節減できるという効果をもっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

てがたこうかん【手形交換】

金融機関相互における手形小切手の集団的決済の契約ないし行為をいう。その方法は,経済圏を同一にする一定地域内に営業店をもつ金融機関が,支払銀行ごとに手形,小切手を取り立てる手数を省略し,一定の場所(手形交換所)で互いに手形,小切手を同時に請求しあい,その差額だけを決済するというものである。差額(交換じり)の決済は,おもに日本銀行本支店の当座勘定行われる。為替を通じて行われる隔地決済に対し,同地決済とも呼ばれる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

てがたこうかん【手形交換】

一定地域の金融機関が、主要都市に設けられた手形交換所に手形・小切手などを持ち寄り、一括交換して貸借を相殺し、差額のみを決済すること。クリアランス。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

手形交換
てがたこうかん
clearing

同一地域内の金融機関が、他の金融機関を支払場所とする手形・小切手などの証券類を一定の時間に一定の場所(手形交換所)に持ち寄って、互いに呈示し、相互の貸借を相殺して決済する仕組み。持帰り手形と持出し手形の差額(交換尻(じり))は、各金融機関が日本銀行に有する当座勘定の間で振替え処理される。手形交換の手続は、手形交換所規則などの統一的な取決めのもとに行われている。なお、手形交換される手形・小切手の枚数、金額は全国銀行協会(全銀協)によってまとめられて発表されており、景気の動向をみる指標の一つとして利用されている。[太田和男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

手形交換の関連情報