客商(読み)かくしょう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

客商
きゃくしょう

中国で貿易業者のことをいう。土着の商店である坐賈(ざこ)、仲買業者の牙行(がこう)と並び、流通組織の三大構成要素の一つである。郷里の特産をもって各地の卸売市場を巡り、そこで集荷した商品を消費地に売るという訪市活動にちなんで客商とよんだ。『史記』が描く大商人や、明(みん)・清(しん)の山西(さんせい)商人、新安商人はその典型である。明代には郷里の外で活躍する客商や官員のためのガイドブックも現れ、また商圏内の重要訪市地に会館という同郷や同業のギルドをつくり、それぞれの組織を固めた。[斯波義信]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の客商の言及

【行商】より

…今日も彼らの営みは持続している。販女【北見 俊夫】
[中国]
 中国の商人は坐賈(ざこ)と客商にわかれる。前者は店舗商人であり,後者は各地をまたにかけて活動する商人をいう。…

【商人】より

…三国時代以後には商業が衰えたので商人は自己を主張することができず,南北朝を通じてこの傾向は続いたが,隋唐から宋代にかけて勢力をもりかえし,明清時代には大商人が輩出した。 中国の商人は客商,坐賈(ざこ),牙行(がこう)の3種に大別される。客商は物資を生産地から消費地に販運する商人で,大商人が多く,数十の舟車をつらね,多数の従業員を使って全国的な規模で活動した。…

【宋】より

… これら諸産業の勃興をうながしたものは商業であり,とくに宋代は商業が飛躍的に発展した時代と特徴づけることができる。商人には,遠隔地商業を専門とする客商,都市に常住して店舗をかまえる坐賈(ざこ),仲買を業とする牙儈(がかい),牙人に大別することができ,大都市の商人たちは業種ごとに行(こう)という商人組合を結成した。行はもともと自律的な組織であったが,その大部分は政府所要の物資を調達するかわりに営業の独占権が認められた御用組合となり,二,三の豪商に牛耳られることが多かった。…

※「客商」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android