山西商人(読み)さんせいしょうにん(英語表記)Shan-xi shang-ren; Shan-hsi shang-jên

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山西商人
さんせいしょうにん
Shan-xi shang-ren; Shan-hsi shang-jên

中国,・清時代に活躍した山西省出身の商人。彼らの勃興は明の辺境政策,開中法の実施と密接な関係があり,モンゴル人との戦いで長城一帯に駐屯した明の常備軍に対する諸物資の供給を受持って巨利を収め,地の利を得て商業界に活躍した。塩商をはじめ,穀物商,綿布商,絹織物商として新安商人と並んでその主要取引を掌握し,政府資金をも取扱い,典当業 (質屋) や票号 (為替) 経営にも成功した。明の滅亡後は清朝と密接な関係を結び,商業界に活躍した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

山西商人【さんせいしょうにん】

中国,山西省出身の商人をさす。この地方出身者は古くから商業活動で知られたが,特に有名になったのは明代以後のことで,明初,モンゴルとの戦いの物資補給を受け持って政府との結びつきを強め,いわゆる政商となって巨利をあげた。穀物・塩・絹・綿布などを扱ったが,やがてその富をもって金融に乗り出して政府資金も扱った。その場合,手形を発行して現在の銀行業務に近いものがあった。清代に入っても北京の官界は山西商人の富に左右されたといわれ,国内に着実にその支配網を拡大したものの,新安商人の活動につれて次第に長江以南における独占的地位は失ったが,各地の都市に会館を設けて他地域の商人と争った。同族・同郷集団による合資の形をとったが,その巨大な利潤は生産業に投じられることはほとんどなく,高利貸しという前期的資本にとどまったところに彼らの限界がある。清朝の滅亡で大きな打撃をうけた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さんせいしょうにん【山西商人 Shān xī shāng rén】

中国,明・清時代をつうじて,商業界を代表した商人で,主として山西省出身の商人をさすが,一部には,隣省である陝西省出身の商人を含む場合もある。彼らの活動は古い時代からはじまっていたと考えられるが,彼らが勃興したのは明代,とくに北辺の兵站を確保するために実施された開中法(塩法)と密接な関係があり,地の利をえて巨富を蓄積した。ついで明代中期に,開中法が運司納銀制へ切りかえられると,その有力者は両淮・両浙地方に移動し,有名な揚州塩商の主力となり,新安商人とともに,商業界を二分する大勢力となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さんせいしょうにん【山西商人】

中国、山西省出身の商人。明代以後、塩の販売権を獲得して活躍顕著となり、南方の新安商人と対立する大勢力となった。清代まで金融業中心に活動。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山西商人
さんせいしょうにん

中国、山西・陝西(せんせい)両省出身の商人、金融業者。明(みん)・清(しん)時代に南方の新安商人と並んで、中国商業界に二大勢力をなした。明朝ではモンゴル防衛のために長城線一帯に九辺鎮(ちん)とよばれる北辺の軍事基地が置かれ、多数の常備軍を駐屯させ、これに補給する軍餉(ぐんしょう)問題は政府の緊急課題であった。山西商人は初めこの軍糧の輸送を担当して巨利を得、政府権力と結んで江淮(こうわい)にも進出し、塩商および穀物商として市場を独占し、莫大(ばくだい)な利益をあげたばかりでなく、彼らの営業種目は絹織物、綿布、木材、運輸、典当(てんとう)(質屋)、鉄、茶、染料など多彩であり、その活動範囲も華北、華中から西域や遼東(りょうとう)方面にまで及んだ。明の滅亡後は清朝政府と密接な関係を結び、とりわけ、その富で票号(為替(かわせ)業)、銭鋪(せんぽ)(銭荘)などの金融業を独占した。その活動は北京(ペキン)を中心として華北、華中に及び、清末の1905年ごろには、北京の金融業界の約半数が彼らの旧式銀行による山西系店舗に占められていたという。
 山西商人はまたこの旧式銀行から融資または出資を受けて、各種の商工業を経営し、北京での米穀商、搾油業をはじめ酒、たばこ、染料などの営業はほとんど彼らの活躍舞台であった。さらにその経営は、同郷関係によって団結を強め、相互扶助のギルドを組織し、至る所に同郷同業の会館、行所(こうしょ)を建てて活動の根拠地にし、北京ではそれも業種別、出身県別に細分化されていた。[佐久間重男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の山西商人の言及

【明】より

…塩の販売は大きな利益があるので,商人は競ってこれに参加したが,北辺に接する山西・陝西の商人が,地の利を得て大きく力を伸ばすことになったのである(塩法)。かくて明代前半期には,山・陝商人が商業界で最大の勢力を占めた(山西商人)。ところが中期になると,流通経済のいっそうの発展にともない,開中法に変更が加えられ,辺境に糧米を納める代りに,直接産塩地(おもに両淮(りようわい)地方)の主務官庁に銀を納入して,販売許可を得る方法が主流となった。…

※「山西商人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android