コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牙行 がこうYa-hang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

牙行
がこう
Ya-hang

中国の仲買人,またはその同業組合。古代の家畜売買の仲介者そかいにまでその祖型はさかのぼり,中華民国時代にいたるまで中国商業に欠かせぬ存在であった。秦,漢以来,仲買人はかい,牙人などの名で呼ばれた。五代ギルドが生れ,これを牙と呼んだが,店舗を構えた牙人を牙行ということもある。牙人の語は互人 (仲介者) の転訛との説があるが,おそらく官衙 (牙) の商取引仲介人と関連した言葉であろう。宋代の牙人は民戸が多いが,官物を取扱う官牙もあり,取扱商品によってギルドをつくり,茶牙人,米牙人の名もあった。経紀,牙紀などの使用人を雇い,取扱商品は,塩,茶,米,絹など重要物産から田畑に及んだ。売買双方から牙銭 (よう銭。手数料で取引額の2~3%) を取るが,利益が大きいとみれば,直接品物を買入れて問屋的に機能する者もあり,客に対するサービスから旅館業,倉庫業,運搬業を営むようになった者もある。清代になり,銀行業が現れるとその全盛期は終った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

が‐こう〔‐カウ〕【牙行】

代以降の中国で、物品売買のあっせんや商取引の仲介を業とした者。また、そのような仲買業者の組合。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

がこう【牙行 yá háng】

中国で古代から存在する仲買業者の総称。行は今日の商社に当たる。一般に商人を伝統的に3区分して,商(客商=貿易・外地出稼ぎ商),賈(こ)(坐賈・坐鋪(ざほ)=店舗を構える卸・小卸・小売商)と牙行に分けるが,この際,客商と坐賈の取引を周旋するのが牙行の役割である。具体的な流通過程では,貿易業者は各地の卸売市場を訪れて荷卸・集荷をするが,各卸売市場は,卸(批)と小卸(批発,零売)に分かれ,それぞれ牙行を兼営するか,あるいは専業化した牙行を介在させた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

がこう【牙行】

中国で、商取引の仲介をし、売り手と買い手とを結び付けて商談をまとめる仲買業者。またはそのギルド。五代・宋・明・清に発達。駔儈そかい。牙人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

牙行
がこう

中国で商取引を仲介する仲買業者。流通組織では、貿易商つまり客商(きゃくしょう)と、土着の各種商店つまり坐賈(ざこ)と並び、三大組織要素の一つ。客商は資本力をもちながら、各地方の卸売市場の商況に疎く、卸売市場の側では外来の客商への信用授受、価格設定のため牙行を必要とした。加えて市場は政府に監督され、契約の合法化や納税のため牙行の介入が必須(ひっす)であった。戦国、漢のころは(そかい)とかとよび、漢が全国に「市(し)」の制を敷き、西晋(せいしん)が重要不動産や動産の取引に公許の契約と納税を義務づけたため、制度上でも重視された。商業革命期の宋(そう)から旧社会全盛の明(みん)、清(しん)にかけ、市場が複雑な分化を遂げたなかで、牙人(がじん)、牙行の名が一般化し、鑑札(牙帖(がちょう))を受けた特許仲買商に成長し、分化も進み、ギルドも編成された。
 清代の公行(こうこう)もその一種であるが、牙行には行家(こうか)、客桟(きゃくさん)など、問屋、旅館、倉庫、運輸を兼業する者も多く、こうした分化の根源は唐の邸店(ていてん)、宋の房廊(ぼうろう)、停榻(ていとう)にさかのぼれる。[斯波義信]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の牙行の言及

【商人】より

…三国時代以後には商業が衰えたので商人は自己を主張することができず,南北朝を通じてこの傾向は続いたが,隋唐から宋代にかけて勢力をもりかえし,明清時代には大商人が輩出した。 中国の商人は客商,坐賈(ざこ),牙行(がこう)の3種に大別される。客商は物資を生産地から消費地に販運する商人で,大商人が多く,数十の舟車をつらね,多数の従業員を使って全国的な規模で活動した。…

※「牙行」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

牙行の関連キーワード俄・峨・我・牙・瓦・画・畫・臥・芽・衙・賀・雅・餓・駕広東十三行斯波義信勘合貿易発達分化商談牙商

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android