コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

客観的知識 きゃっかんてきちしき

大辞林 第三版の解説

きゃっかんてきちしき【客観的知識】

個々の主観の思い込みを離れ、対象そのものの客観的あり方を反映した普遍性をもつ知識。客観的真理。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

図書館情報学用語辞典の解説

客観的知識

哲学者のポパー(Sir Karl Raimund Popper 1902-1994)が1967年頃から提唱した認識論上の用語.個人の認識(彼は主観知識と呼ぶ)に対する語で,表現・記録され,公共のものとして共有されている(またはされうる)形で体外に蓄積された知識.客観的な方法・態度による探求で得た知識ではなく,客体化された知識の意.ポパーは,物理的な世界を世界1,心理的・社会的世界を世界2,客観的知識の世界を世界3と呼んで区別した.背景には,記憶と記録とは同種の現象であり,知識は記録されることによって人間の認知作用から離れて存在しうるとみなす信念がある.この点を批判する者は多い.しかし,情報メディアの機能を重視する視点につながり,図書館情報学において注目された.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

客観的知識の関連キーワードヒッピー科学哲学思い込み普遍性真理呉澄

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android