コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宣夜説 せんやせつ

4件 の用語解説(宣夜説の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宣夜説
せんやせつ

中国古代の天体説。天には形質なく,衆星は天空に浮遊するものと考えた。蓋天説 (がいてんせつ) ,渾天説 (こんてんせつ) に対抗するものであるが,その詳しい内容については明らかにされていない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

せんやせつ【宣夜説 xuān yè shuō】

蓋天説渾天説とともに中国古代を代表する宇宙説の一つ。《晋書》天文志に後漢の郄萌(げきほう)が伝えたという宣夜説が記され,日月衆星は虚空の中に浮かび気によって運行したり止まったりするから,各天体の固有の運動が生じるとされている。天空が青く見えるのは天空の無限性によるとした無限宇宙論である。これは《荘子》逍遥游などにも見る考え方で,宣夜説の起源は戦国時代にあるとされる。宇宙【橋本 敬造】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

せんやせつ【宣夜説】

中国古代の宇宙構造説の一。果てしない空間のなかに天体が浮かび、気の作用によって運動するという無限宇宙を説くもの。後漢の郄萌げきほうによって唱えられた。 → 蓋天がいてん説 ・ 渾天こんてん

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宣夜説
せんやせつ

古代中国の三大宇宙論の一つ。宇宙を大地を覆う半球と考える蓋天(がいてん)説、全球面の天球を考える渾天(こんてん)説に対して、宇宙は空虚で実質がないと説くところが特徴である。天は空虚で高遠で限りがない。日・月・諸星は空中に浮かび、動いたり止まったりする。ときには順行し、ときには逆行するが、すべてが独立の規則性に従っている。しかし実質があるのではなく、気が凝縮すると諸星は現れ、気が散逸すると消滅する。太陽は1日に角度の一度、月は13度、五惑星はそれぞれの速度で動くが、これは天体が何ものかに付着していないためである。天球にとらわれない無限の空間の可能性がこの思想の根底にある。宣夜説の書はすべて散逸し、後漢(ごかん)(けきぼう)が先師の説をまとめたと『晋書(しんじょ)』天文志に書かれている。[石田五郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の宣夜説の言及

【宇宙】より

…しかし,依然としてここでも天は固体として観念されている。天を気の集積とみなして天の固体性を打破し,宇宙空間を無限へとおし広げたのが宣夜説であった(《晋書》天文志)。三国時代の呉の人である楊泉は宣夜説を継承し,〈天地を成す者は気なり〉として,気一元論を唱道した(《物理論》)。…

※「宣夜説」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

宣夜説の関連キーワードグラネヒルト五服蒼梧崑崙池田温佐藤武敏《中国古代社会研究》《中国古代の祭礼と歌謡》《中国古農書考》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone