コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮仕ふ ミヤヅカウ

デジタル大辞泉の解説

みや‐づか・う〔‐づかふ〕【宮仕ふ】

[動ハ四]
宮仕えをする。
「歌よみ連歌して―・ひ給ひしに」〈平家・八〉
奉公させて召し使う。
「清水冠者に―・はせん」〈盛衰記・二八〉
[動ハ下二]
宮殿の造営に奉仕する。
「田跡川(たどかは)の滝を清みか古(いにしへ)ゆ―・へけむ多芸(たぎ)の野の上に」〈・一〇三五〉
宮仕えをする。
「下太友正といふ随身、幼くより―・へけり」〈著聞集・一六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みやづかう【宮仕ふ】

( 動四 )
奉公する。お仕えする。宮廷に仕える。 「祝詞の師といふは神にことさら睦まじく-・ふものなり/とはずがたり 4
(他動詞として用い)召し使う。奉公させて使う。 「さて-・ふに、かひがひしくまめにて/著聞 16
( 動下二 )
宮殿の造営に奉仕する。 「田跡川の滝を清みか古ゆ-・へけむ多芸たぎの野の上に/万葉集 1035
奉公する。お仕えする。 「一条の二位の入道能保のもとに、下太友正といふ随身、おさなくより-・へけり/著聞 16

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

宮仕ふの関連キーワード宮仕え著聞

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android