コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮体詩 きゅうたいしgōng tǐ shī

世界大百科事典 第2版の解説

きゅうたいし【宮体詩 gōng tǐ shī】

中国,六朝・梁の簡文帝蕭綱(しようこう)が皇太子であったとき,東宮に集まった文人たちとともに作った新体の詩で,当時さかんであった詠物の詩風と,江南の民歌の影響を受けている。空閨の怨みから,その姿態や調度品に至るまで,すべて女性をテーマとし,艶麗な表現を用いて詠まれており,艶体とも呼ばれて世に広まった。その詩を集めたものに,東宮文学集団の一人である徐陵の《玉台新詠》10巻がある。【森野 繁夫】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宮体詩
きゅうたいし

中国、六朝(りくちょう)時代、宮女の艶情(えんじょう)を中心にした、繊細で技巧的な詩のスタイルをいう。六朝時代の詩は貴族のサロンを中心に発展し、5、6世紀になると修辞が洗練され、沈約(しんやく)(441―513)の四声八病(しせいはっぺい)説が現れて音律も整えられた。これを受けて梁(りょう)代後半に簡文帝(かんぶんてい)(503―551)の宮廷において宮体詩が流行し、精緻(せいち)で艶麗(えんれい)な表現を競い、官能的で退廃的な作品を多くつくりだした。舞い姿、琴の音、恨み嘆くさまなどにさまざまな女性の美が発見され、ここに貴族文学の一つの方向が極められたといえる。「夕殿珠簾(せきでんしゅれん)を下ろす/流蛍(りゅうけい)飛んで復息(またいこ)う/長夜羅衣(らい)を縫(ぬ)う/君を思って此(ここ)に何ぞ極まらん」(「玉階怨(ぎょくかいえん)」)。
 簡文帝のもとで徐陵(じょりょう)(507―583)が編集した『玉台新詠(ぎょくだいしんえい)』10巻には宮体詩の代表作が集められている。[市川桃子]
『鈴木虎雄訳『玉台新詠集 上』(岩波文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

宮体詩の関連キーワード中国文学庾信宮体

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android