コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉台新詠 ぎょくだいしんえい Yu-tai xin-yong

6件 の用語解説(玉台新詠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

玉台新詠
ぎょくだいしんえい
Yu-tai xin-yong

中国の詩選集。簡文帝の命により徐陵が漢から梁にいたる詩を撰したもの。 10巻。帝の兄昭明太子が編纂した『文選』が,賦,詩,文のあらゆる傾向の作品を選んで文学の標準を示そうとしたのに対し,本書は男女の情愛を艶麗にうたった当時流行の「宮体」詩に限り,簡文帝を初め梁の宮廷詩人たちの詩を中心に,漢,魏以降の艶詩を付加している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぎょくだいしんえい【玉台新詠】

中国、六朝時代の詩集。10巻。梁(りょう)の簡文帝が徐陵に編纂させたもので、当時流行していた宮体詩とよばれる艶詩を中心に、漢から梁にかけての詩を収録。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

玉台新詠【ぎょくだいしんえい】

中国,南朝梁の簡文帝の命により,徐陵〔507-583〕の撰した古詩選集。10巻。漢〜梁の艶麗な詩を集め,梁の武帝をはじめ皇族や臣下の宮廷詩人たちの作品を中心とする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ぎょくだいしんえい【玉台新詠 Yù tái xīn yŏng】

中国,南朝梁の詩集。10巻。簡文帝蕭綱(しようこう)が太子のころ,その意を受けて徐陵が編んだ。漢から梁に至る艶麗な詩を,五言の詩型を中心に収める。ことに蕭綱やその周辺にあった宮廷詩人たちの〈宮体詩〉が中心部を占める。それらは美しい女性の姿を描いたり,女性の立場で感情を詠じるところに特色がある。南朝後期の詩風の一端を示すとともに,当時の風俗・服飾の資料としても貴重である。【興膳 宏】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ぎょくだいしんえい【玉台新詠】

中国の古詩選集。一〇巻。梁りようの簡文帝の命令で、徐陵が漢魏六朝時代の男女の情愛にかかわる艶体の詩を編集したもの。530年頃成立。梁の昭明太子の「文選もんぜん」とともに後世の文学に大きな影響を与えた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

玉台新詠
ぎょくだいしんえい

中国、漢魏(かんぎ)から梁(りょう)に至る恋愛詩歌のアンソロジー。10巻。徐陵(じょりょう)(せん)。梁の簡文帝蕭綱(しょうこう)(在位549~551)が太子であったとき、徐陵に編集させたという。同時代の『文選(もんぜん)』が各ジャンルにわたり文章詩賦の標準を示そうとしたのに対し、範囲を恋愛詩歌に限定している。簡文帝の文学サロンから流行した軽艶(けいえん)な新詩風は、「宮体」とよばれ、精緻(せいち)な技巧を配した女性美の象徴的表現は、当時の貴族社会の美意識を色濃く反映している。『玉台新詠』の編集は、彼らの好尚を過去から現代へと及ぼしたものといえる。[成瀬哲生]
『鈴木虎雄訳注『玉台新詠』全3冊(岩波文庫) ▽内田泉之助訳注『新釈漢文大系60・61 玉台新詠』(1975・明治書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の玉台新詠の言及

【中国文学】より

…梁の簡文帝のころから起こった〈宮体〉の詩は,陳の滅亡(589)までさかんに作られる恋愛の詩で官能的な美を描く。《玉台新詠》は宮体詩を主とする選集であるが,唐以後も読者は少なくなく,早く日本にも伝わっている。
[歴史と小説]
 漢の司馬遷の《史記》はそれまでの編年史(年代記)と違った新しい形式(紀伝体)の歴史書である。…

※「玉台新詠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

玉台新詠の関連キーワード簡文帝出三蔵記集昭明太子徐陵庾信宋書劉勰叙情詩集職貢図宮体詩

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone