宮寺(読み)みやでら

精選版 日本国語大辞典「宮寺」の解説

みや‐でら【宮寺】

〘名〙 (「みやてら」とも)
① 神社と寺院
※虎明本狂言・腹不立(室町末‐近世初)「罷のぼって、上がたの寺を一見いたさふ」
② 神仏混淆の神社。神仏習合思想や本地垂迹思想から神社と寺院を一体と考えて生まれた神社の寺。すでに奈良時代から行なわれたが、明治になって廃仏毀釈ですべて分離または廃止された。神宮寺。別当寺。ぐうじ。
※石清水田中家文書‐延久四年(1072)九月五日・太政官牒「件墾田承平六年以後相伝公験已以炳焉、而奉寄宮寺之由、雖無所見、国司与判又及数十代、可被裁許者」

ぐう‐じ【宮寺】

〘名〙 神仏習合のあらわれとして、神社に付属して置かれた寺院。神宮寺。みやでら。
※石清水文書‐治安三年(1023)一〇月五日・僧兼清解案「宮寺別当大法師故康年、称宮寺惣領之由」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の宮寺の言及

【宇佐神宮】より

…1873年(明治6)宇佐神宮と改称され,1924年には10年ごとの例大祭(3月18日)に勅使が差遣されることになった。 早くから神仏習合がみられ,725年日足の里に神宮寺弥勒禅院が造られ,738年現境内地に移った。766年(天平神護2)には比咩神宮寺が建てられた。…

【神宮寺】より

…神祇に仏教的宗儀をささげるために建立された寺院。神宮院,神願寺,神護寺,神供寺あるいはたんに宮寺ともいう。多くは神社の境域内に建てられたが,なかには遠隔の地に設けられたものもある。…

※「宮寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

敵に塩を送る

《戦国時代、上杉謙信が、敵将武田信玄の領国の甲斐が塩の不足に苦しんでいるのを知り、塩を送らせた故事から》敵の弱みにつけこまず、逆にその苦境から救う。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android