扇面(読み)センメン

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 扇の表面。絵や文字を書くための扇の地紙(じがみ)。扇形の料紙。
※宗湛日記‐天正一四年(1586)一二月二六日「扇面の内は絹なり」
② 扇。扇子(せんす)
※落語・猫久(1894)〈禽語楼小さん〉「扇面(センメン)一本あらば其猫又なるものを直ちに退治て御覧に入れ」 〔晉書‐周顗伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

扇面の関連情報