コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮田半四郎 みやた はんしろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮田半四郎 みやた-はんしろう

1831-1868 幕末の武士。
天保(てんぽう)2年生まれ。筑後(ちくご)(福岡県)久留米(くるめ)藩士。文久3年脱藩,天誅(てんちゅう)組の挙兵にくわわる。敗れて萩(はぎ)藩にのがれ,禁門の変,第2次幕長戦争に従軍。慶応4年鳥羽・伏見の戦いで負傷,3月11日死去。38歳。名は師久。初名小川佐吉

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

宮田半四郎の関連キーワード戊辰戦争ジョードンウェーラー緒方惟準天野八郎井上石見楢山佐渡ネーピア(男)早竹虎吉(初代)明治

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android