コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家具の音楽 かぐのおんがく musique d'ameublement

1件 の用語解説(家具の音楽の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

家具の音楽
かぐのおんがく
musique d'ameublement

フランスの作曲家エリックサティが,1920年代に構想した音楽の題名で,数曲から成る。一般の音楽作品のように注意して聴かれることを目的とせず,日常的な周囲の音と混じり合って,その場の音の環境づくりに貢献するだけの音楽である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の家具の音楽の言及

【アバンギャルド】より

前衛劇前衛写真【針生 一郎】
【音楽】
 20世紀の作曲界の状況は,18,19世紀を支配した〈調性〉と〈機能和声〉に立脚した共通の言語の内部からの崩壊とともに,多くの異なる技法と様式によるアバンギャルドの出現を準備した。その代表は〈無調〉と〈十二音技法〉の実践者であるシェーンベルク,ベルク,ウェーベルンの〈新ウィーン楽派〉,強烈なリズム表現や〈複調〉を使用したストラビンスキー,音楽はなにげないものであるべきだと〈家具の音楽〉を主張したサティらがその第1世代である。しかし音楽においてアバンギャルドの語が一般化したのは第2次世界大戦後のことであり,その主流は1946年に始まり,〈ミュジック・セリエル〉を主張したブーレーズ,シュトックハウゼンなどの〈ダルムシュタット国際現代音楽夏期講習〉から国際的にデビューした作曲家たちであり,またそのアンチ・テーゼとなったアメリカのケージを中心とする〈偶然性の音楽〉の一派であった。…

【サティ】より

…24年にはピカビアの台本によるバレエ《本日休演Relâche》を作曲したが,これが最後の作品となった。晩年,サティは座りごこちのよい椅子のように人にくつろぎと安らぎを与える〈家具の音楽〉という思想を打ちだした。これはバックグラウンド・ミュージックの先駆ともみられるが,むしろ第2次世界大戦後のケージの環境の芸術化の思想と結びつく注目すべき音楽観である。…

※「家具の音楽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

家具の音楽の関連キーワードサティフランス組曲ボアエルデュー大クープラン詩曲シランクストロイ人たちラクメルイーズヴェルサティス

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

家具の音楽の関連情報