コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

環境音楽 かんきょうおんがくenvironmental music

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

環境音楽
かんきょうおんがく
environmental music

一般に,コンサートで行われる音楽に対し,集中して聴かれることを目的としない音楽をさす。その形態はさまざまであるが,作業効率の上昇や精神の安定など,機能的に使われる BGM (→バックグラウンド・ミュージック ) と,「環境の芸術化」を唱えて音と環境の関係を主体的・創造的にとらえようとする音楽に大別される。後者は L.ルッソロらの未来派や E.サティの『家具の音楽』シリーズを淵源とし,J.ケージの『4分 33秒』 (1952) に象徴される音楽で,非楽音を音楽および音楽の素材ととらえ直す意識の転換を促した。その後,M.シェーファーサウンドスケープや,サウンド・インスタレーション (音響による装置) の試み,ミニマル・ミュージックなどへと展開している。また B.イーノはある場所と結びついた音楽を『アンビエント・ミュージック (包囲する音楽) 』と名づけて発表した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

かんきょうおんがく【環境音楽】

日常的な環境の一部として、自然な聴取体験を促す音や音楽。環境音に近い音楽。エリック=サティーが起源とされる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の環境音楽の言及

【音楽】より

…大衆社会の登場とともに出現したレコードは,〈今,ここで〉という音楽行為の一回性を否定し,W.ベンヤミン流に言えば〈アウラaura〉の消滅した新しい複製芸術のあり方を示している。 レコードやカセットの普及は,バックグラウンド・ミュージック(BGM,環境音楽)を生み出す直接的な契機となった。バックグラウンド・ミュージックは,労働の能率を向上させたり,精神を安定させたりするために使用される柔らかなムードをもった音楽である。…

【バックグラウンド・ミュージック】より

…そのための代表的なアメリカの企業ミュザックMuzak社の音楽例を分析した研究によれば,供給される音楽は既製の耳慣れた作品に基づきながら,楽曲形式,楽器編成,リズムや和声の点で,原曲よりも単純化され,また,音量の変化がおとなしくされている。 1970年代に入ると,このような狭義のBGMだけでなく,われわれの生活環境が含んでいる音楽や音響を,〈環境音楽〉として考察する傾向が強くなった。ここでは,寺院や教会の鐘,乗物や機械の音,川や風や木の音など,環境に内在する音響が広く含まれることになった。…

※「環境音楽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

環境音楽の関連キーワードバックグラウンド・ミュージック[background music]アンビエント・ハウス[ambient house]アンビエントミュージックモーガン フィッシャーヒーリングミュージックブライアン イーノマーク アイシャムクラフトワークKUJUN高本恭子比較美学エリックサティー音響装置長良川水琴窟起源作曲

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

環境音楽の関連情報