コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家族の肖像

3件 の用語解説(家族の肖像の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

家族の肖像

松井周による戯曲。初演は劇団サンプル(2008年)。2009年、第53回岸田国士戯曲賞の候補作品となる。

家族の肖像

1974年製作のイタリアフランス合作映画。原題《Gruppo di famiglia in un interno》。監督:ルキノ・ビスコンティ、出演:バート・ランカスター、ヘルムート・バーガー、ドミニクサンダ、シルバーナ・マンガーノ、クラウディア・カルディナーレほか。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

家族の肖像
かぞくのしょうぞう
Conversation Piece

イタリアとフランスの合作映画。1974年、ルキーノ・ビスコンティ監督の晩年の作品。ローマの豪邸に住む老教授(バート・ランカスター)は、家族のだんらんを描いた18世紀のイギリス絵画(カンバセーション・ピースとよばれる)のコレクションに囲まれて静かな余生を送っている。そこへ右翼の大立て者の夫人が訪れ、夫人の若い恋人のために部屋を貸すことを教授に強引に承知させてしまう。その日から教授の生活は、この2人と夫人の娘、その恋人の4人に平穏を乱されることになる。教授の生活やところどころに挿入される回想は古きよきヨーロッパをしのばせる。ヨーロッパ文明の象徴であるかのような教授と、デカダンスや淫蕩(いんとう)に生きる「侵入者」たちとの食い違いは根深く、両者が繰り広げるドラマは、貴族の出であるビスコンティの目に映る世界であり、現代ヨーロッパの縮図といえよう。[出口丈人]
『長谷部匠訳『ヴィスコンティ秀作集5 家族の肖像』(1982・新書館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家族の肖像の関連キーワード赤い砂漠アラン・ドロンのゾロ暗殺の森イタリア旅行エボリ奇跡の丘ギャベ太陽はひとりぼっちラストタンゴ・イン・パリロベレ将軍

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

家族の肖像の関連情報