コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家族の肖像

デジタル大辞泉プラスの解説

家族の肖像

松井周による戯曲。初演は劇団サンプル(2008年)。2009年、第53回岸田国士戯曲賞の候補作品となる。

家族の肖像

1974年製作のイタリア・フランス合作映画。原題《Gruppo di famiglia in un interno》。監督:ルキノ・ビスコンティ、出演:バート・ランカスター、ヘルムート・バーガー、ドミニク・サンダ、シルバーナ・マンガーノ、クラウディア・カルディナーレほか。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

家族の肖像
かぞくのしょうぞう
Conversation Piece

イタリアとフランスの合作映画。1974年、ルキーノ・ビスコンティ監督の晩年の作品。ローマの豪邸に住む老教授(バート・ランカスター)は、家族のだんらんを描いた18世紀のイギリス絵画(カンバセーション・ピースとよばれる)のコレクションに囲まれて静かな余生を送っている。そこへ右翼の大立て者の夫人が訪れ、夫人の若い恋人のために部屋を貸すことを教授に強引に承知させてしまう。その日から教授の生活は、この2人と夫人の娘、その恋人の4人に平穏を乱されることになる。教授の生活やところどころに挿入される回想は古きよきヨーロッパをしのばせる。ヨーロッパ文明の象徴であるかのような教授と、デカダンスや淫蕩(いんとう)に生きる「侵入者」たちとの食い違いは根深く、両者が繰り広げるドラマは、貴族の出であるビスコンティの目に映る世界であり、現代ヨーロッパの縮図といえよう。[出口丈人]
『長谷部匠訳『ヴィスコンティ秀作集5 家族の肖像』(1982・新書館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

家族の肖像の関連キーワードランカスター(Burt Lancaster)クラウディア カルディナーレ戦争を演じた神々たち生れてはみたけれどル・ナン(兄弟)ダニエル ホープ高野悦子(1)ファン・ダイク立木義浩カノーバ村上ゆき小林親弘鈴木 実江成常夫西田麻耶ローエル沢田教一ゴッホボテロ松井周

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

家族の肖像の関連情報