宿札(読み)シュクサツ

デジタル大辞泉の解説

しゅく‐さつ【宿札】

やどふだ1」に同じ。

やど‐ふだ【宿札】

江戸時代、大名旗本などが宿泊する本陣脇本陣の門または宿の出入り口に、宿泊者の名を書いて掲げた札。関札(せきふだ)。しゅくさつ。
姓名などを記し、門口に掲げて、その人の住居であることを知らせる札。表札。門札。
「そのかどをも恥ぢず、―見かけてまはりぬ」〈浮・好色盛衰記〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やどふだ【宿札】

大小名・旗本などが、宿泊している宿屋の前に姓名を記して掲げた札。とまりふだ。しゅくさつ。関札せきふだ
表札。門札。 「一町残らず法華の-を出だして/浮世草子・桜陰比事 3

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android