寂仙(読み)じゃくせん

  • 寂仙 じゃくせん

朝日日本歴史人物事典の解説

没年:天平宝字2(758)
生年:生年不詳
奈良中期の修験僧。四国一の高峰である伊予国(愛媛県)の石鎚山に籠もって,心身を清め,修行に励み,人々から「菩薩」と敬われた。天平宝字2(758)年の臨終の際,28年後に,国王の子として生まれ変わり,「神野」と名づけられるだろうと遺言した。28年後の延暦5(786)年,桓武天皇の第2皇子,「神野の親王」と称した嵯峨天皇がその生まれ変わりと信じられた。のちに,石鎚山で出家前に修行した空海は嵯峨天皇から東寺を与えられ,また高野山の地を譲られて,金剛峰寺を創建したという奇しき因縁がある。<参考文献>『日本霊異記

(川村邦光)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる