コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寂本 じゃくほん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寂本 じゃくほん

1631-1701 江戸時代前期の僧。
寛永8年生まれ。真言宗。高野山の快運にまなぶ。万治(まんじ)2年越前(えちぜん)(福井県)丸岡の中台寺の住職,寛文12年高野山宝光院の住職となる。内外の典籍に通じ,詩文,書画,彫刻にもすぐれた。元禄(げんろく)14年10月15日死去。71歳。山城(京都府)出身。俗姓は長谷川。字(あざな)は雲岫,運周。号は雲石堂(うんしゃくどう)。著作に「神社考邪排仏教論」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

寂本の関連キーワードカルヴァリョカルバリヨ本多忠政アラウィー朝ガゼット・ド・フランスベスビオ火山後藤泰乗森川秀一森川香山赤穂藩

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android