コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寂本 じゃくほん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寂本 じゃくほん

1631-1701 江戸時代前期の僧。
寛永8年生まれ。真言宗高野山の快運にまなぶ。万治(まんじ)2年越前(えちぜん)(福井県)丸岡の中台寺の住職,寛文12年高野山宝光院の住職となる。内外の典籍に通じ,詩文,書画,彫刻にもすぐれた。元禄(げんろく)14年10月15日死去。71歳。山城(京都府)出身。俗姓は長谷川字(あざな)は雲岫,運周。号は雲石堂(うんしゃくどう)。著作に「神社考邪排仏教論」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

寂本の関連キーワードカルヴァリョ本多忠政森川香山赤穂藩大和流浅野長矩キッド浅野長矩浅野長矩フェリペ[5世]

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone