コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丸岡 まるおか

4件 の用語解説(丸岡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

丸岡
まるおか

福井県北部,坂井市東部の旧町域。加越山地福井平野の東部を占める。南端部を九頭竜川が流れる。 1889年町制施行。 1955年長畝村,竹田村,高椋村,鳴鹿村,磯部村と合体。 2006年三国町,春江町,坂井町と合体して坂井市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

まるおか【丸岡】

福井県北部、坂井市の地名。福井平野北東部に位置。丸岡城の天守閣がある。

まるおか【丸岡】

姓氏の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

丸岡
まるおか

福井県北部、坂井(さかい)郡にあった旧町名(丸岡町(ちょう))。現在は坂井市東部を占める地域。福井平野の北東部に位置する。旧丸岡町は1889年(明治22)町制施行。1955年(昭和30)鳴鹿(なるか)、磯部(いそべ)、高椋(たかぼこ)、長畝(のうね)、竹田(たけだ)の5村と合併、金津(かなづ)町(現あわら市)の一部を編入。2006年(平成18)同郡三国(みくに)町、春江(はるえ)町、坂井町と合併して市制を施行、坂井市となった。国道8号、364号、北陸自動車道が通じる。旧市街地は竹田川支流の井勝(いかつ)川のつくる小扇状地の末端に発達し、その丘陵地に丸岡城(天守は国指定重要文化財)がある。中心の丸岡は、1576年(天正4)柴田勝家(しばたかついえ)の甥(おい)の勝豊(かつとよ)が豊原(とよはら)城をこの地に移したことに始まる。江戸時代は本多氏、有馬氏が領有、北陸街道(国道8号)の宿駅も兼ねて繁栄したが、1896年(明治29)北陸線(現JR)の敷設に反対し、鉄道は西方の坂井町を通過することになり町勢は停滞した。産業の中心は繊維工業で、とくにマーク類、ワッペンなどの細幅織物は全国の約7割を占める。近年は福井市のベッドタウンとして住宅団地の造成が盛んである。竹田地区の坪川家住宅(国の重要文化財)は中世の豪族の居館の名残(なごり)をとどめる。そのほか、国指定史跡として六呂瀬山古墳群がある。[木下昭三]
『『丸岡町史』(1989・丸岡町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

丸岡の関連キーワード加越山地坂井〈町〉福井県坂井市坂井町朝日福井県坂井市坂井町今井福井県坂井市坂井町大味福井県坂井市坂井町島福井県坂井市坂井町蛸福井県坂井市坂井町長屋福井県坂井市坂井町西福井県坂井市坂井町東

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

丸岡の関連情報