コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

密印 ミツイン

デジタル大辞泉の解説

みつ‐いん【密印】

仏語。
仏・菩薩(ぼさつ)の根本の誓いを示すため、両手の指で形づくるしるし。
禅宗で、仏性を悟った確かな証拠。心印。仏心印。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みついん【密印】

〘仏〙
仏・菩薩の根本の誓いを示すもので、両手の十指を用いてつくる形。みっちん。 「 -を結ぶ」
禅宗で、変わることなき悟りのこと。心印。仏心印。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の密印の言及

【印相】より

…仏・菩薩(ぼさつ)の内証(悟境),本誓(ほんぜい)(誓願),功徳,事業(じごう)(はたらき)などを象徴的にあらわしたもの。印契(いんげい),密印,あるいは単に印ともいう。サンスクリットのムドラーmudrāの訳。…

※「密印」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

密印の関連キーワードドストエフスキー(年譜)竹田印刷しるし印相覚鑁仏語慈厳恵運悟り菩薩誓い根本ちん両手十指