不法(読み)フホウ

デジタル大辞泉の解説

ふ‐ほう〔‐ハフ〕【不法】

[名・形動]
法に違反していること。また、そのさま。違法。「不法に侵入する」「廃棄物の不法投棄」⇔合法
道理・道義に背くこと。また、そのさま。無法。理不尽(りふじん)。「不法要求

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふほう【不法】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
〔歴史的仮名遣い「ふはふ」〕
行為などが法に違反すること(さま)。 ⇔ 合法 「 -占拠」 「 -な行為」 → 違法
人の道にはずれること。道理に合わないこと。また、そのさま。無法。 「私は今まで大変-な取扱を受けて居りました/人形の家 抱月
〔歴史的仮名遣い「ふほふ」〕 〘仏〙 仏法にそむくこと。戒を破ること。 「那智の行者-解怠けたいのある時/盛衰記 3

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

不法の関連情報