不法(読み)ふほう

精選版 日本国語大辞典「不法」の解説

ふ‐ほう【不法】

〘名〙 (形動)
[一] (:ホフ) 仏法にそむき、道にはずれた行ないをすること。また、そのさま。
※発心集(1216頃か)二「中々仏の物をとて、も不法(フホウ)の事はせざりけり」
[二] (:ハフ)
① 法にはずれること。法に違反していること。また、そのさま。
※延喜式(927)三三「若有奠祭不法之事、随即科責」
② 道理にそむくこと。理屈に合わないこと。乱暴なこと。また、そのさま。無法。理不尽。
※天草本平家(1592)一「ロクハラ ノ ニュウダウ サキ ノ ダンジャウ ダイジン キヨモリ コウ ト マウシタ ヒト ノ ギョウギ ノ fufǒna(フハウナ) コト ヲ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「不法」の解説

ふ‐ほう〔‐ハフ〕【不法】

[名・形動]
法に違反していること。また、そのさま。違法。「不法に侵入する」「廃棄物の不法投棄」⇔合法
道理・道義に背くこと。また、そのさま。無法。理不尽りふじん。「不法な要求」
[類語]違法非合法違憲違反もぐり密貿易闇取引密輸密輸出密輸入脱法無法不正無許可無免許無資格

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「不法」の解説

【不法】ふほう

非法

字通「不」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android