コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

闇取引 ヤミトリヒキ

デジタル大辞泉の解説

やみ‐とりひき【闇取引】

[名](スル)
定められた販路によらず、ひそかに売買したり、公定価格でない値段で売買したりすること。
交渉などを、世間に隠れてこっそり行うこと。「対立候補と闇取引する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やみとりひき【闇取引】

( 名 ) スル
法を犯して、あるいは、正規の販路・価格によらずに取引すること。 「 -が行われる」
他人に知られないように、ひそかに取り決めること。 「敵と-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

闇取引の関連キーワードブラック・マーケット議会委員会制価格等統制令マンガプワニバイアグラ猪俣 浩三価格統制配給制度闇ルート闇相場闇商い闇物資闇流し捻軍販路闇値闇屋闇市

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

闇取引の関連情報